初めてのSEO

お問い合わせはこちら

はじめてのSEO

お申し込み

その他

代理店募集

サービスサイト

KIJITASU
低価格でワンストップ提供できるコンテンツマーケティング支援サービス
ANALYSE SEO
分析+コンサルティングがセットになった失敗しないWeb集客
SEOカウンセラー
競合比較ができる無料SEOツール
サグーワークス
テキスト作成に特化した在宅ワークサービス
プロモニスタ
多様なWebプロモーション施策の効果をブログで公開中

HOME > SEO成功の秘訣

検索エンジンに評価されるには?外部施策と内部施策でSEO効果を最大化!

検索エンジンは内部と外部を評価する

SEO(検索エンジン最適化)では、検索エンジンで上位表示をさせるために、検索エンジンに評価されるサイトを作ります。
では具体的には、どのようなサイトが評価されるのでしょうか?

検索エンジンに評価されるポイントは、大きく分けて次の2つです。

1、自分のサイトの中身を“充実”させる「内部の要因」。
2、自分のサイトの外部を“充実”させる「外部の要因」。

内部要因を構成する4つの要素

いい情報をたくさん提供していて、作りがしっかりしている(サイト)ほど、
ユーザーにとっていいサイトというのが主な理由から、内部要因を評価します。
サイトの内部要因は、大きく分けて4つの要素で決まります。

内部要因の4つの要素
1、WEBサイトの構成するHTMLとCSSの文法
検索エンジンは、サイトのビジュアルの評価ではなく、ソースコードの文法(HTMLとCSS)を評価します。
サイト文法の点数は、下記のフォームからチェックできます。 点数が低い場合は、評価も低くなります。
2、WEBサイトの情報量文章量とページ数
情報量(文章量)が少ないサイトは評価が低くなります。
サイト全体のページ数が10ページ未満の場合や、ページ内に記載された文章量が少ない場合は要チェックとなります。
3、WEBサイトのテーマを象徴するキーワード
検索エンジンは、出現頻度の高い“テキスト”や、ページのタイトルや見出しの“テキスト”をキーワードとします。
上手くキーワードを選定し、それらの位置のキーワードを入れると、SEO上の評価が高くなります。
4、WEBサイトのディレクトリ構造と内部リンク
ディレクトリ構造や、情報設計がしっかりしているか、またはサイト内リンクも最適化できているかも評価します。
大手制作会社のプロに任せた場合安心ですが、そうでない場合はSEO上、評価が低いかもしれません。
内部要因を構成する4つの要素
内部要因point1

外部要因を構成する3つの要素

多くのサイトからリンクされているページ(サイト)ほど質の高い情報を提供していると思われるというのが主な理由から、検索エンジンは外部要因を評価します。外部要因=被リンク(リンクされること)と言い換えても過言ではありません。

被リンク=ユーザーからの評価・推薦と考えます。検索エンジンが評価する被リンクの考え方は、3つあります。

外部要因の3つの要素

1、被リンク質
有名なサイトからの被リンクは“被リンクの質”が評価されるため、評価が高くなります。
ですので、Yahoo!や楽天からのリンク(有名サイトのリンク)、
またはSEOの強さを示す“ページランク”の高いサイトからのリンクは大変評価されます。
関連性の高いサイトからの被リンクも同様で評価が高くなります。
〔例〕 ダイエットサイトを運営していた場合、“ダイエットの専門家や、栄養士”からの推薦(被リンク)や、
“総理大臣”や“有名タレント”の推薦(被リンク)は、“知名度が低い人”や“専門性の低い人” (一般サイト、ブロガー)からの
推薦より“価値”が高いです。
2、被リンク量
同様の考え方で、被リンク=ユーザーからの評価・推薦とすると、
多くのユーザーからの支持(被リンク)があればあるだけ(量)評価が高くなります。
3、アンカーテキスト
アンカーテキストとは、リンクが設定された文字列のことを言います。
例えばコチラ ←左記のようなリンクがあるとすれば、“例えばコチラ”という文字列を言います。
このアンカーテキストに、上位表示させたいキーワードが含まれていれば、よりSEO効果が高くなります。
外部要因を構成する3つの要素
外部要因point2
あなたのサイトの要望・疑問に専門のコンサルタントが答えします!

お問い合わせはこちら


back-top